プライベートフォト @ GINZA【スチル版】(フォトグラファー清水-DAYSデイズ)

梅雨の季節になりました。
寒暖差が激しい時期、体調を崩さないよう気をつけたいですね。DAYS清水です。

さて前回、ムービーでご紹介しました銀座での「プライベートフォト」ですが、
ご覧になっていかがでしたでしょうか。

今回はいつも通りの【スチル版】にてご紹介したいと思います。

ss-0046

銀座は華やかさと、昭和の香りのする部分が入り交じって、とてもフォトジェニックだと思います。
そんなところをイメージして。

ss-0057

細い裏路地が残っていて、いくつか歩いてきました。

ss-0104

地下鉄へ向かう階段もどことなしか昭和のイメージ。

ss-0159

一方、こちらは人気のスポット。今の銀座の象徴でしょうか。

ss-0187

非日常的なカットも。普段は撮らないシチュエーションでも!

ss-0199

なにげないカットも思い出になると思います。

ss-0217

街の中にあるオアシスにて。グリーンの中で。

ss-0232

この日の締めのカット。
楽しんで頂けましたでしょうか?

と、いう事で、後日おふたりからメールをいただきました。

  • 久しぶりに、銀座の華やかさにふれられました。
    又、知らない銀座も、見ることができて新鮮でした。

    写真素敵に撮れていて、嬉しいです。
    なかなか、こういう写真はとれないですよね。

    私達にとっては、とても良い思い出になりました。
    若かりし頃が懐かしく感じます。
    それなりに、歳を重ねてきたんだなぁと、ムービーを見て思いました。

    私達夫婦を、若い頃から知っている友人は
    「よい歳の重ね方をしているのを上手く撮ってもらっている」とも、
    コメントいただきました。

    主人も私も、意外にも撮影は恥ずかしかったものの、楽しい一日でした。

という、とても嬉しい感想をいただきました。
今回、ご主人が今年還暦ということもあり、「節目の年」ということで、
ひとつの「きっかけ」があり撮影に至りました。

自分に置き換えてみても、やはり「はずかしい」というのがあり、
なかなかこういった撮影は難しいかなぁ〜と思いますが、
なにかの「きっかけ」があれば、「記念に撮ろうか」というカンジになるかもしれません。

「趣味の事(物)と一緒に」や「孫と一緒に」などなど、いろいろと考えられると思います。
ぜひ思い出の街で、思い出のお写真を! いかがでしょうか?

 

カメラマンの指名できます。
皆様のテイストにあったフォトグラファーが見つかるといいですね。
↓  ↓  ↓  ↓

DAYS PHOTOGRAPHER

↑   ↑  ↑  ↑

清水のInstagramもお時間のあるときにのぞいてみてくださいね。

>>清水のBACK NUMBER  『夜の前撮り・その2(DAYSフォトグラファー清水)』 はこちら
>>清水正幸のフォトギャラリーはこちらになります